スポンサーリンク

【イポー】テーマパーク【Lost World of Tambun・ロストワールドオブタンブン】直営ホテル【Lost World Hotel・ロストワールドホテル】に宿泊するイポー旅行①

スポンサーリンク
おすすめのおでかけスポット
スポンサーリンク

マレーシアのMCO(活動制限令)が9日間延長され、2月4日までの予定となりました。

今は旅行に行けないので(😿)以前行ったイポー2泊3日旅行について思い出して、旅行気分を味わおうと思います。

よろしければおつき合いください。

旅行が行けるようになったときの参考にしていただければ幸いです。

イポーに行くのは2回目で、本当は前回泊まったザバンジャランホットスプリングリトリートに宿泊したかったのですが、このときは予約が取れなく💦

前回の記事はこちらから↓

今回はイポーのテーマパーク【Lost World of Tambun】直営ホテル【Sunway Lost World Hotel】に宿泊することにしました。

スポンサーリンク

グルメの街【イポー】で楽しむローカルフード・鶏肉ともやし炒め・プリン

列車はKLセントラルを9:20に出発し、12時前にイポー駅に到着🚃

駅前からGrabに乗って、お目当てのお店を目指します。

向かったのは 【Ipoh Restoran Tauge Ayam Lou Wong】

鶏肉ともやし炒めで有名なイポーの名店。

前回もここで食べたのですが、やはりおいしかったです!

ふたりでもやしは3人前頼んだのですが、もっと食べれました。

続いて【天津茶餐室 Thean Chun Restaurant】で名物のプリンを食べました。

【Ipoh Restoran Tauge Ayam Lou Wong】からは徒歩約15分でした。

イポーは鶏がおいしいので、卵を使った毎朝手作りされてるプリンがおいしいらしい。

昔ながらの純喫茶で出てきそうな素朴なプリンでした。

甘めのプリンとほろ苦いカラメルソースが融合した固めのプリン。

その後雨が降ってきたので、イポー街中観光はほどほどにしてGrabに乗ってホテルに向かいました。

イポーのテーマパーク【Lost World of Tambun・ロストワールドオブタンブン】直営ホテル【Lost Word Hotel・ロストワールドホテル】に到着

イポーの中心部からは車で約20分でロストワールドホテルに14時頃に到着。

本来チェックインは15時ですが、すぐにお部屋に入れました。

1泊目は【Exotic King Room】に宿泊。

お部屋の広さは普通で、アメニティも揃ってます。

このお部屋は私たちの運が悪かったのか、トラブル続きでした😣

Wifiが繋がらない・お部屋の電話が壊れてる・ドライヤーが壊れてる・何か臭う

問題が起こったときのスタッフの対応は悪くなかったのですが、フェイスタオルが最初から置いてなかったり、気になる部分が多かったです。

フェイスタオルはスタッフにお願いすると持って来てくれました。

イポーのテーマパーク【Lost World of Tambun・ロストワールドオブタンブン】直営ホテル【Lost Word Hotel・ロストワールドホテル】 の周辺は?

直営ホテルに泊まると、テーマパークのナイトパス(通常大人ひとり75リンギット)がついてきます。

ナイトパスは18時から使用できるので、それまでホテルの周辺を歩くことに。

本当はテーマパーク内にあるスパに行きたかったのだけど、予約が取れなかった。

口コミにも書かれてるのですが、ホテルの周辺にお店は少ないです。

ホテルには売店がなく、1件だけPapparichというトースト・マレー料理などの軽食が食べれるレストランがあります。

ホテルから徒歩約5分の場所にマクドナルドTF-Value-Martという大型スーパーマーケットがあります。

前述の通りホテルには売店がないので、飲み物や軽食はここで購入しましょう。

ちなみにキリンがビーサンをテーマーパーク内の売店で購入したのですが、このスーパーの方が安かったです。

確かテーマーパーク内のビーサンが25リンギット、スーパーのビーサンが7リンギットぐらいでした。

何か必要なものはスーパーでの購入がお得。

さらにスーパーから約5分程歩くと、ケンタッキーやスタバがあります。

以前はジャイアントというスーパーがあったようですが、現在はないようです。

イポーのテーマパーク【Lost World of Tambun・ロストワールドオブタンブン】のナイトパークとは?

ナイトパークは18時~23時まで営業してます。

ホテルからテーマパークまでは徒歩約3分。

テーマパーク自体はマップで見ると広く見えますが、そこまで広くはありません。

テーマパーク内をただ歩くだけだと1時間以内で歩けます。

テーマパーク内は昼のみのアトラクション・夜のみのアトラクション・昼夜両方のアトラクションに分かれます。

1日目はナイトパスの利用だったので、夜に利用できるアトラクションを周りました。

まずは楽しみにしていた温泉に♨️

温泉は何個かあり、温度が違うのですが、高いところだと40〜45°

キリンは熱いと言ってましたが、私は気持ちよかったです。

温泉は鉄やカルシウムなどのミネラルを含んでると書いてました。

プールや温泉は水着着用で、下記のような水着が推奨されてます。

ビキニで行くと目立つのでご注意を。

温泉のあとは動物園に行ったり、炎を使ったショーを見たりしました。

小雨がずっと降ってたので寒かったのですが、ホテルが近いのですぐにシャワーを浴びれるのは良かったです。

イポーのテーマパーク【Lost World of Tambun・ロストワールドタンブン】テーマパーク内での食事は?

テーマパーク内での食事は軽食やマレー料理が中心となります。

フードコートや屋台も含め、半分以上は夕方に閉まってしまいます。

夜遅くまで空いてるのは、イポーストリートと呼ばれるローカルフードが集まったお店のエリア。

イポーストリート

1日目の夜はイポーストリートで飲茶やスープなどを買って食べました。

マレー料理っておいしいのですが、炭水化物・揚げ物・野菜少なめ・味が濃い料理が多い。

普段は野菜多めの健康的な食生活を心がけてますが、この旅行中は諦めました。

フードコート内で購入した食事

次の更新はイポー旅行2日目から続きます。

2泊目はテーマパーク内に宿泊できるFloating Villaに泊まったこと・テーマパークに行った感想・イポーのイタリアンレストラン・イポーのグルメとお持ち帰りについて書いてるので続けてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました