スポンサーリンク

【Lai Po Heen・ライポーヒーン】マンダリンオリエンタルクアラルンプールの中華と【鈴木飯店】おいしいのはどっち?

スポンサーリンク
クアラルンプール(ペタリンジャヤ)レストラン
スポンサーリンク

少し前に2夜連続で中華を食べました。

1日目にマンダリンオリエンタルクアラルンプールにある【Lai Po Heen・ライポーヒーン】、2日目に【鈴木飯店】に行ったので、どちらがおいしいのか検証します。

スポンサーリンク

【Lai Po Heen・ライポーヒーン】マンダリンオリエンタルクアラルンプールの中華レストラン

ライポーヒーンに行ったのは2度目で、1度目はクアラルンプールに住む前に来た時に行きました。

3年前ぐらいです。

その時にサンラータンを食べたのだけど、そのサンラータンがすごくおいしかったのを覚えてました。

量が少ないのをふたりで分けたからおいしく感じたのか、その時サンラータンにはまっていたのでおいしく感じたのかわからないけど、強烈な印象が残ってます。

覚えているのはサンラータンと、少しお茶を飲んだだけでもすぐに注ぎにきてくれる接客のみ。

3年ぶりに来ると、この日は空いてました。

19世紀の中国王家邸宅をイメージした内装で、キッチンはオープンスタイルになっており、シェフの鍋さばきが見れます。

KLCC公園に面しており、公園が見えるので良いロケーション✨

【Lai Po Heen・ライポーヒーン】マンダリンオリエンタルクアラルンプールのメニューは?

伝統的な広東料理と点心が自慢だそう。

メニューは下記のホームページより見れます。

Lai Po Heen - Cantonese Cuisine Near Petrona Towers | Mandarin Oriental, Kuala Lumpur
Experience Lai Po Heen. Offering Cantonese delicacies, Dim Sum specialties, an open kitchen where guests can enjoy chefs preparing signature dishe ...

コースメニューとアラカルトメニューがあります。

メニューは文字のみで写真がついてないので、想像しにくい料理も。

点心を食べたかったので聞いてみると、点心はランチのみの提供だそうです。

【Lai Po Heen・ライポーヒーン】マンダリンオリエンタルクアラルンプールで注文した料理は?

まずはサンラータン!

このサンラータンの味を確かめに来たようなもの。

食べてみると、おいしいけど、以前のような感動がない。

どうやら記憶の中で味を美化しすぎてたようです💦

Imperial hot and sour soup, braised with prawns 48リンギット(約1,250円)

次々に運ばれてくる料理。

Ginkgo nuts and bean curd skin, braised with seasonal vegetables 32リンギット(約830円)
Kung Pao chicken, wok fried diced boneless chicken with dried chilies 52リンギット(約1,350円)
Fragrant baby abalone rice, fried with superior abalone sauce 80リンギット(約2,080円)

この写真を見てお気づきだろうか。

そう、どれも似たような味の料理を頼んでしまったのだ。

全部茶色くって味が濃い。

メニューに写真がなかったので、ワードだけを見て選んだらこうなってしまった。

ひとつひとつはおいしいのだけど、どれも味が濃くって喉が渇く。

特にチャーハンはパラパラのチャーハンを想像してたのに、茶色いチャーハンが来てしまいがっかりした。

メニューをよく見ると、鮑のソースって書いてたので、メニューってよく見ないといけないと反省。

前回来たときは何度もお茶を注ぎにきたのに今回は1回も注ぎにこず、お会計のときですら店員さんを呼ぶのに時間がかかった。

接客のスタイルが変わったのかな。

お客さんは少ないのに、レストランが広いので手を挙げても気づいてもらえない。

期待値が高かっただけに、2回目のライポーヒーンは残念な印象で終わってしまった。

【鈴木飯店】クアラルンプールの中華レストラン

2日目は鈴木飯店に来ました。

鈴木飯店については以前にもブログに書きましたので、詳細は省略します。

鈴木飯店は四川料理です。

まずは黄ニラともやしのシャキシャキ炒め

昨日は味が濃い料理が続いたので、このクリアな薄味が嬉しい。

Stir-fried yellow leek & bean sprout 42リンギット(約1,090円) 

チャーハンはもう冒険したくなかったので、シンプルに五目チャーハンを選びました。

パラパラしたおいしいチャーハン、求めてたものはこれだった!!

Fried rice 25リンギット(約650円)

そして定番の麻婆豆腐。説明不要。

Mapo Tofu Medium 38リンギット(約990円)

最後は水餃子スープ、優しい味のスープがおいしい。

Boiled dumpling Soup 26リンギット(約680円)

デザートは3種のお餅(パンダン&あずき&黒ゴマ)とマンゴープリンにしました。

Steamed glutinous rice cake Pandan & Red bean & Black sesame 16リンギット(約420円)
Mango pudding 11リンギット(約290円)

どの料理もおしかったです。

お腹いっぱいになり、心から満たされました。

【Lai Po Heen・ライポーヒーン】マンダリンオリエンタルクアラルンプールの中華と【鈴木飯店】おいしいのはどっち?結論

私たちの口にあったのは【鈴木飯店】でした。

【ライポーヒーン】は注文したものの組み合わせも悪かったけど、料理ひとつひとつを考慮しても【鈴木飯店】の味の方が好きです。

やはり日本人シェフのレストランの方が、おいしく感じます。

あとお店の雰囲気も、鈴木飯店の方がリラックスして食べれるので好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました