スポンサーリンク

マレーシア・クアラルンプールで吉本新喜劇!!!詳細とレポ

スポンサーリンク
わくわく雑記
スポンサーリンク

先日クアラルンプールで行われた吉本新喜劇見に行って来ました。

その吉本を見に行った前に行ったのが、こちらのお店Dough & Dolceです。

スポンサーリンク

会場 The Plarform

会場はTTDIにあるThe Platformでした。

ビルの中にあり、このビルにはCommon Groundというコワーキングスペースも入ってます。

以前ご紹介したおしゃれカフェLittle Bourkeはこのビルの前です。

開演まで 吉本新喜劇 in クアラルンプール

チケットはギリギリで購入したので、あまり良い席ではありませんでした。

チケットはネットで予約して、当日会場で引き換えました。

その時同時にパンフレットとアンケートも貰いました。

10分前になると前説が始まりました。

前説はインドネシア住みます芸人とインドネシア在住の日本人アーティストでした。

インドネシア住みます芸人って5人もいるんですね~

マレーシアは1人だけだそうです。

詳しくはこちら↓

住みますアジア芸人
「住みますアジアプロジェクト」は吉本興業がアジアでエンタテインメント事業を展開するための最初の架け橋となるプロジェクトです。

ついに開演!! 一番盛り上がったあのネタ 吉本新喜劇 in クアラルンプール

ついに始まりました。

おなじみのあの始まりのミュージックで開演しました。

セットも新喜劇そのもの!

スムーズに進行されていきます。

一番盛り上がったのは

ドリルせんのかーい

決まった~!!この日一番の盛り上がりでした。

ちなみにマレーシアで上半身裸になるのはNGらしく、吉田裕さんは初めて服を着たままでこのネタをしたそう!

文化の違いですね~

ニュースにもなってました↓

福島民友新聞社
福島民友新聞社が運営するWebニュースサイト「minyu-net」。福島県内のニュースやスポーツ、国内外ニュースを発信。グルメ、イベント、観光地、暮らしに役立つ情報など福島県の文化や活力を発信する地域密着型のWebニュースサイトです。

その他にもすっちーが「クアラルンプール水産学園演劇部に所属してました」と言ったり、会場が盛り上がると、芸人さんが「マレーシア、サイコー!!」と言ったり、チョイチョイマレーシアネタも挟んでいきました。

ローカルネタ 吉本新喜劇 in クアラルンプール

劇の途中でマレーシア住みます芸人のキンジョーさんとインドネシア住みます芸人が出てきて、吉本の芸人さんとからむシーンもありました。

キンジョーさんがマレーシア名物のビニール袋に入ったティータリックを持ってて、吉本の芸人さんが「これ何?」って言ったり、「ティータリックって一体何?」って聞く地元ネタ。

こんなの

さらにキンジョーさんが「デサスリハタマスに焼き鳥まきというお店があって、その下も焼き鳥屋さん、どういうことやねん」って言って、吉本の芸人さんが、「デサ?デサスリ??」と言ってました。確かにデサスリハタマスって初めて聞くと言えないですよね🤣

まきはこのブログでも以前ご紹介しました↓

開演後 吉本新喜劇 in クアラルンプール

開演後には出演者全員が出てきました。

前日にクアラルンプールに到着したそうで、「ビルがたくさん建設されすぎてて大丈夫?」とすっちーが言ってました。

心配されるほど、発展してるクアラルンプール🙌

夕食は客家飯店(Hakka Restaurant)で食べたそう。

クアラルンプールで一番有名なお店ですよね?と言ってたけど、catpineはまだ行ったことなし。

鍋がおいしかったそうです。

興味のある方はこちらから↓

マレーシアの超おすすめ中華レストラン”Hakka(客家飯店)”
みなさん中で マレーシアのおすすめレストランが知りたい! 日本から友達・家族が来るからおいしいレストランに案内したい! と思っている方はいるでしょうか?   今回はそ ...

チケットのお値段・どんな人が見に来てたの?

チケットは200リンギットでした。

約5,400円です。

なんばグランド花月で見ると下記の料金なので、日本よりは少しお高めです。

前売一階指定席¥4,800/二階指定席¥4,300|当日一階指定席¥4,800/二階指定席¥4,300

ちなみに会場は523席、2公演とも満席だったそうです。

お客さんはほとんど日本人だったようです。

前説の時に「マレーシア人手を挙げて」と芸人さんが聞くと少し手があがってましたが、公演自体は全部日本語でした。

感想

実は吉本新喜劇初めて見たのですが、楽しかったです~

個人的にはすっちーが歩いてるだけでも面白く、一回もかんでないし、すごいな~と思いました。

実は当日まで小藪さんが出ると思ってたのですが(だってパンフレットに一番大きく載ってるんだもん)

小藪さんのインスタのストーリーを見ると、大阪にいてショック🙄

でも約2時間楽しめたので、満足です。

今回は吉本新喜劇発足60周年の記念ということですが、是非また来て欲しいですね!

開演中は写真撮影NGでしたが、開演後はOKでました~SNSに乗せてもOKということです。

いつもクリックしてくださって有難うございます★
↓下のボタンをクリックしてくださって人気ランキングの上位までいけると嬉しくて記事更新しようって気になります!!! にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ
わくわく雑記
スポンサーリンク
catpine2026をフォローする
【MYTRA(マイトラ)】マレーシア在住主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました